【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2011年06月16日

お尻の調子がいい訳は!ヘルストロンのおかげ!

<スポンサードリンク>

ヘルニアになって44日目です。


半年前の12/07からある療法を試しています。

試すと言うよりは確信が持てたので

これから生きていくための療法となりました。


ヘルニアにならなかったら!

病院でマグネシウム製剤を手に入れていたら、

まだまだ一生懸命薬を飲んでいたことだと思います。


ヘルストロン療法は頭痛を解消するために始めました。

時間がかかる療法なので速攻で効果はわかりませんが、

じわじわと効果が出だして、

頭痛とはほとんどさよならをすることが出来ています。

5月のヘルニア発症後からは、

マグネシウム製剤を飲むことができませんでしたが

切痔の方で効果がはっきりとわかってきました。

マグネシウム製剤を飲まなくても

毎朝のトイレでお尻の健康を保つことができる!

これにはハッキリ言って驚いてしまいました。

しかしこうして6/16になってもマグネシウム製剤は必要ありません。

切痔から卒業できるかもしれない!!!

そんなすごい希望がもてるだけでも素晴らしいことです。


ヘルストロン療法とは、

もちろんヘルストロンの椅子に座って電磁波を

シャワーのように浴びることなのですが、

これによって血流が刺激され、

全身の血のめぐりが良くなるというものです。

プラス、カルシウム療法も絡めて錠剤を飲み!

また食物繊維のサプリメントを2種類、

熊笹のサプリと海草のサプリを毎日摂取する!!

これが私ががんばっているヘルストロン療法です。


パンフレットに肩こり、頭痛、便秘に効果がある!

と書かれていましたが体験してみて本当のことだと確信できました。

この体制で一生の健康増進を目指していきます。



posted by きれじだろう at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔じについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。