【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2012年09月03日

トイレトラブル!6日目。

<スポンサードリンク>


トイレトラブル、6日目となりました。

快調に回復する予定だったのですが、

あまりいい状態のお尻にはなってくれていません。

今日のトイレはお尻ピリピリで軟膏を塗って出てきました。

4日目からの薬の量を減らしすぎたのが原因でしょうか。

昨日は比較的快調なトイレタイムでしたので、

一日で逆戻りしてしまったのは残念な失敗でした。

今一度、薬の量を増やして柔らかめのうんちゃんへしていかねば!


親戚のおばさんの痔の具合が悪くなっているようです。

電話によると掛かり付けの肛門科で手術を勧められたとのことでした。

しかし入院設備のない肛門科なので日帰りの手術になるようです。

前回、数年前に受けた手術のときには日帰り手術で、

家に帰ってきて痛みでかなり苦しんだとのことでした。

私の通院している三枝クリニックにいった方がいいかな?という相談でした。

三枝さんなら入院設備が整っているのでいいのではないか!

と返事をしましたが、痔の手術で日帰りはやはり怖いですね。

手術後のトイレが一番心配ですから。

やはり「手術するなら2〜3日は病院で排便管理をしてもらった方が安心です。

私の女房は3日入院して退院してきましたが、

もう2〜3日、ゆっくりしてくればよかったと言ってました。

女性の場合、家に戻ると寝てばかりはいられませんからね。

ゆっくり休んでいた方が治りは早いですから!





posted by きれじだろう at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔じについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。