【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2013年08月30日

息子の便秘!

<スポンサードリンク>

両親が痔の家系では子供を痔の傾向にあるようです。

中学生の息子のトイレ事情がよくありません。

夏休みが終わり中学校が始まる前の週末から出ていなかったようなのですが、

聞いたのは火曜日、あわてて硫酸マグネシウムを飲ませました。

一度は出てくれたようなのですが、

その後も便通は悪く詰まっているようで、

金曜日の今日も出ない状態で中学校へいきました。

暑い夏でしたので水分不足や学校が始まったことのストレスも関係があるように思います。

食生活もやはり野菜は食べれるのですが好きではない状態なので、

当分寝る前にマグネシウム製剤を飲ませないといけないですね。

親の私は野菜大好きでサラダを食べまくっているのですが、

食物繊維はあまり役に立ってくれていないようで、

女房共々マグネシウム製剤に頼って生きています。

子供の頃からマグネシウム製剤頼りでは大変なことになってしまいますので

中学生の間に健康的な腸の状態にして上げなくては!と思っています。



posted by きれじだろう at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の痔日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。