【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2007年05月19日

痔になりやすい人は!

<スポンサードリンク>

痔になりやすい人はどんな人なんでしょうか?

1.慢性的な便秘や下痢の症状がある人!

便秘で硬くなってしまった便を押し出そうとすると、肛門には強い負担がかかってしまい、繰り返すことによって痔核ができてしまったり、排せつ時に硬い便は肛門を傷つけて裂肛になってしまいます。

また下痢のようなやわらかい便ばかりしていると、歯状線のくぼみから細菌感染してしまいます。通常の便ならばくぼみから細菌が入り込むことはないのです。

2.肛門に負担をかける職業の人!

長時間同じ姿勢の仕事をする人や、つねにしゃがむ姿勢をしいられる仕事の人、重いものを持たなければならない人などです。また長時間トイレで長居をする人もこれに属します。

この場合は肛門部分にうっ血をおこしてしまい、痔核の原因になります。

3.生まれつきの体質の人!

同じような生活を送っていても、痔になり人とならない人がいます。これは体質が違うために、肛門や腸の構造も人それぞれのためです。

肛門の血管分布が密である場合は、普通の人よりもうっ血がしやすくなってしまいますし、肛門の粘膜が弱い人はすぐに傷付きやすい体質といえます。また腸の長さが人よりも長い人は便秘になりやすい体質といえます。


posted by きれじだろう at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔じについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。