【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2016年01月26日

《肛門の痛み・出血》 いぼ痔多い、がん見つかることも

<スポンサードリンク>

《肛門の痛み・出血》 いぼ痔多い、がん見つかることも

痔のニュース記事を見つけたのでシェアです。

いぼ痔の症状や対処法などを軽く説明してくれています。

<外痔核>
排便時のいきすぎが原因で腫れることがあり、
軟膏で痛みを和らげてみること

<内痔核>
同じく排便時のいきみすぎで大きくなり、
何年も繰り返して大きくなり肛門の外へ痔核が出てくる。

こんな症状の人が一番多いのではないかと思います。

まだ初期ならば薬で治ることもあるので、

注入軟膏などで治療するということです。

《肛門の痛み・出血》 いぼ痔多い、がん見つかることも

短い記事ですが、心当たりのある方は読んでみてはいかがか。


posted by きれじだろう at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔じについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。