【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2016年04月30日

硫酸マグネシウム水和物

<スポンサードリンク>

痔のクリニックへ通院してきました。

休日の前日の木曜日の朝1番です。

いつもは土曜日の午前中の通院がほとんどでしたので

久々に普通の日の病院へ行ってきました。

案の定、病院は空いている状態ですぐに診察してもらい、

待ち時間も無く約1時間程度で往復できました。

明細書をよく見てみたら薬の名前がマグネシウム製剤ではなく、

<硫酸マグネシウム水和物>と書いてありました。

以前の診察伝票をみても硫酸マグネシウム水和物でした。

今までず〜と正式な名前を知らずにいましたので

ちょっと驚きです。

今日のトイレタイムですが、なぜか最初の部分が硬めでした。

便意があるのになかなか出てこない状態なので

<いきみ>を強くしなければならず、

排便後のお尻の具合は調子悪しです。

軟膏を塗って少し静かに安静にしていました。

今日のところは痛みもなく、ヒリヒリ感もない状態で

お尻が壊れなくてよかったです。

今日は水分をたくさん摂取しなくてはなりません。




posted by きれじだろう at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の薬について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。