【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2008年08月19日

トイレについて考える!

<スポンサードリンク>




とんでもないトイレがドイツにありました。

なんと言っていいかわからないトイレです。

ジョークの効いたトイレですめばいいのですが、女性にはどうも大変不人気のようですね。

男性小便器がこれですから、男性大便器も凝ったデザインなんじゃないかと思うのは私だけか?

もっと興味があるのは、女性用のトイレもさぞかしすごい便器なんだろうと思いますが、残念ながら両方とも記事も写真もありませんでした。

なぜ男性小便器だけ悪趣味なデザインにしたんでしょうかね?

ドイツ西部のメルヘングラッドのレストランへ見に行ける人がいたら、ぜひ見物してきてほしいものです。



posted by きれじだろう at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイレについて

2007年01月27日

携帯用お尻洗浄器

<スポンサードリンク>

TOTOのウォシュレットは普及してきましたが、外出先でもようした場合はほとんど設置されたトイレはありませんので困ってしまいます。

旅行先のホテルでは付いている事もありましたが、ほとんどは設置されていない状態と思った方がいいでしょう。

携帯用お尻洗浄器というものがあります。

持ち運べるウォシュレット!


水鉄砲式の簡易タンクに水やお湯を入れて、排便後お尻の洗浄をします。

わたしの使っているものは10年前の単純な形のものですが、今ではしゃれて機能も携帯性も優れたものが売っています。

値段も2〜3千円で購入できますので、外出先や出張先で使うことの多い人には最適です。

使い方はいたって簡単!
水を入れてシュっとかけて洗うだけです。
水では辛い方はぬるま湯でシュ!!簡単に使えますね。

posted by きれじだろう at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイレについて

2007年01月20日

痔持ちの必需品NO.1

<スポンサードリンク>

痔持ちの必需品のNO.1は何でしょうか?

一番の必需品は温泉洗浄器付き便座です。

の症状をやわらげて、悪化していかないようにするには、お尻をいつも清潔にしていなくてはなりません。

排便のあと、肛門をトイレットペーパーで拭くだけでは十分にきれいにはなってくれません。
もし肛門からイボが脱出してしまっていたり、切れ痔のために傷口があったりしたら、紙で拭いては痛いしとても不快な感じがしてしまいます。

温水洗浄器付き便座があれば、ボタン一発で温水が吹き出してくれて、お尻を洗ってくれるというたいへん便利な物です。

お尻を洗った後でかるく水気をとるだけですので、こすって痛い思いをすることもありません。

排便のたびにお尻をきれいに洗うことができれば、ほんとうに理想的です。


わたしは切れ痔が悪化してしまってからは、TOTOのウォシュレットを設置しています。
故障もせずに今も現役で動いてくれていますので大変助かっています。

10年以上も前の話ですので、その当時は結構な価格でしたが、今はかなりお安くなっていると思います。

毎日使うものですので、で苦労している方、の予備軍の方も、まだ使っていない方はぜひ購入してみてください。健康な人でももちろん使えますので無駄にはなりません。

しかし、この便座でが治ってくれるわけではありません。

あくまでお尻を清潔に保つための器具にすぎません。
メインは食生活と水分補給ですね。



posted by きれじだろう at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイレについて

2006年08月11日

洋式トイレについて考える、5

<スポンサードリンク>

最近のに苦しんでいる人の数はどうも減っていないようです。

医者に通っている人数も減っていないようですし、の薬を買う人も減っていないようです。市販薬の売上は結構あるようですし。

日本のトイレが和式から急速に洋式に変わりだして20年以上になりますが、洋式トイレがに対して非常に効果があるようなら、もうそろそろ効果が表れてきているはずです。

の患者さんが激減しているとか、ボラギノールが売れなくて困っているとかありそうなもんです。

トイレがどう変わろうとの患者が減ってないということは、洋式トイレはに対していいはず、という考えは大きな間違いではないか、効果ははなはだ疑問である、ということになってしまいます。

ですが、持ちである私が使うトイレは洋式で、和式ではとてもしたくもありません。自分では効果があると確信しているのですが!

これはたぶんですが、洋式が使いやすいために、トイレに入っている時間が和式よりも長くなっているのではないかという事かもしれません。

私も和式で長いトイレの時は足が痺れてしまって困ったことがありますが、
洋式でも本を持ち込んで読書をしていたりすると、痺れることがあります。

洋式で足が痺れるということは、かなりの時間、トイレにこもっていることになりますので、この時は自分でもびっくりしました。

使いやすいのでかえってトイレに長くこもる様になるんでしょう。

洋式トイレがにはいいのはわかっていますので、使用時間の問題での症状がよくならないのでは!と
いうことになると思われます。

トイレに長く入って坐っていていいことは何もないのですから、和式でも洋式でも5分以内で済ませて、さっさと出ることが一番です。

洋式だからと安心してはいけないんですね。
posted by きれじだろう at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイレについて

2006年06月29日

洋式トイレについて考える 4

<スポンサードリンク>

イスラムのトイレが日本のしゃがむ式なのにはびっくりでした。
実際には知らずに、始めて使ったのでカルチャーショック。
トイレもいろいろあるもんだって事でトイレ学でも勉強しようと
思った次第です。

日本もしゃがむ式は減りつつあり、最近はほとんど新しい建物は洋式トイレが付いている様になっています。
私が使うのはもちろん洋式を選んでいます。
もう和式では切れ痔になってからは使用していませんね。

ちょっといいホテルではウォシュレットまで付いていてくれて、大変嬉しいトイレ事情になりつつありますね。

洋式がいいのは”その1”の時に説明したので省きますが、では洋式で用達しをしていればには無縁かというと、もちろんそんな事はありませんね。

西欧人はみんな洋式のおトイレなのに、日本と同じでの患者さんはたくさんいるらしいのですから困りもんです。

要は基本は同じで、硬い便を毎日していればどんなにウォシュレットが付いた洋式だろうと必ずお尻の病気にいつかはなるという事です。

人種や和式洋式にかかわらず、世界の人間と名の付く動物は男女を問わずにに関わっているようですね。

基本はいかに軟らかい便にできるか!これですね。
硬い便は人類の敵だという事です。
posted by きれじだろう at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイレについて

2006年06月28日

トイレについて考える 3

<スポンサードリンク>

その2、ではイスラム圏でのトイレの紹介をさせてもらいましたが
旅行中にパチパチとデジカメで撮った画像も付けてみました。

文字だけではとても伝わりませんし、写真が合った方が説明がしやすいですね。はい、これを見て!でわかってもらえますし!



実際にお小水のほうで全て使っては見たのですが、大きいほうでは使いませんでした。痔持ちですので洋式でしっかりすませていました。

もちろん旅行中もマグネシウム製剤をポカリやジュースに溶かして毎晩しっかり飲んでいたため、平常通りにトイレ生活は営めて快調に旅行を続けられました。薬に感謝!

ガイドさんにイスラムのお話もいろいろ教わったのですが、その中でトイレに付いては
1.紙を使用しない事。
2.水で洗っている事。
3.左手をその際使う事。左手のみ!
4.右手はごはんを食べる手で左は使わない。
5.左で握手したりしては失礼である。

など聞いて感心していたのですが、実際にトイレの便器はどう使ったらいいのかは聞き忘れました。

前向きで使用するのか、後ろ向きなのかこれがわからない!

シャワーの位置が左手前に付いているので想像すると、

ドアに向かってドアを見ながらしゃがみ、済んだあとに右手でシャワーを持って左手で洗うという。というやり方ではないかと想像しました。
どうでしょう!あってますでしょうか?

あっているかどうか、これは調べてみないとなんとも言えません。
知人にイスラム圏の人はとりあえずいないので、時間がかかっても調べてみたいと思います。

文化が違うとトイレもかなり違うんだと実感してしまいます。
ウォシュレットの原形がこんなところにあったとは驚きでした。

どこかへ出かける機会があればまたトイレ文化を調査してきますね。
今度は使い方までハウツーをしっかり聞いて、実際に使ってみるをモットーにしっかり調べて見ます。

写真は”タンピン駅の外の売店”のトイレ、清潔なトイレでした。
位置が異様に高いのが不思議な感じです。
絶対小学生ではちんちんが届きません。
どうしているんでしょうね!
050206タンピン駅のトイレ.jpg
posted by きれじだろう at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイレについて

2006年06月26日

トイレについて考える その2(イスラム圏)

<スポンサードリンク>

さて、イスラム教の国のトイレはどうなのか!!

クアラルンプール/メリアホテルの部屋のトイレはまったく洋式でした。
こんな感じです。
050206マレーシアHのトイレ.jpg

便座には暖房がついていないのでひゃっこいトイレでしたが、普通のタイプで使用には困りません。日本のホテルはシャワートイレがほとんどになりましたが、ここではまだそこまでは期待できないですね。

男性用の小トイレはこんな感じ。
TOTOのトイレが当たり前だとこのデザインは異国情緒たっぷりです。
私が立ってするのにちょうどなので、子供には使用不可能であります。

050205シンガポールトイレ1.jpg

これが男子用大トイレ、案の定トイレットペーパーはついていない。
なにもないのは不思議でしたね。
日本の和式をちょっと変型して潰したような感じでしたが、清潔そうです。

050205シンガポール/トイレ大.jpg

マレー鉄道の列車内でのトイレを撮ってきました。
これでおしっこだけ用達しをしましたが、便器は和式にやけに似ていて懐かしかったですね。列車なので揺れるのが当たり前なんですが、それにしても掴まらなければ用達しは出来ない状態ですね。

050205マレー列ヤのトイレ1.jpg

左側に見えるのが問題のホースの先のピストル。
これで洗うんだそうです。使い方は挑戦しなかったのでわかりませんが
たぶん、お尻に向けてピュッとやると思いますね。
うまくお尻にあたるのかな〜って疑問ありですが。
トイレの掃除用として使ってみたらなかなか重宝しました。

これは空港のトイレです。
普通の洋式の横にありました。イスラム式のトイレ!
これまた変な形の便器でした。
ここにもスプレーでシュっですね。

050207空港/イスラムトイレ1.jpg

どうも左手はお尻を洗う手、右手がごはんを食べる手という風に使い分けるのだそうです。
左利きはどうするんだろう!っていう質問にはお答えできませんよ。

イスラム圏は基本的には和式に近いトイレ文化ですね。
紙を使わず、水で洗い流すというのは肛門の衛生上、理想的な形です。ウォシュレットもここからの発想かも知れませんね。

最後に目の保養にどうぞ!
シンガポールラッフルズホテルの豪華トイレです。

050206ラッフルズのトイレ.jpg
posted by きれじだろう at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | トイレについて

トイレについて考える その1 (和式と洋式)

<スポンサードリンク>

愛犬のうんちについて考える(その1)でトイレ様式について
ふれたのでもうすこし詳しく説明しますね。

トイレの形は洋式トイレの方が痔持ちには適しているようです。

和式トイレはしゃがみ込むため、排便にはもっとも合理的な体位となりますが、排便にかぎってはということで、他では問題が多い様式になります。

一番肝心のお尻、肛門にとっては最も力がかかってしまい、この力の掛かり具合が痔持ちの人の痔核脱肛、などを押し出すことにもつながります。

しゃがむ姿勢は肛門の部分をうっ血させてしまい、力もかかるので肛門疾患を持っている痔持ちには最悪の状態を毎朝繰り返す事になります。

洋式トイレは腰掛けるため、肛門に無理な力が加わる部分については自分で調整ができるという利点があり、肛門疾患を持っている人とくに、脱出性の脱肛や痔核が出てしまう人には具合がいいと思います。

ただ洋式トイレは痔にいいのかという点には、問題ありです。
和式トイレよりもいいという程度で考えた方がいいようです。

洋式、和式の他に選択肢はないので選ぶとすれば洋式トイレという程度で考えた方がいいですね。

和式トイレのいい所が1つありました。
うんちゃんをよく観察できる事!これだけです。


イスラム教のトイレは面白かったですね。
ぜひ一度使ってみるといい経験になります。

紙がない!
トイレットペーパーが付いていません。

日本人は持参で入らないとうんちゃんはできませんでした。

イスラムの人はどうしてうんちゃんをしているのか、、、、、

次回写真付きで説明しますので、お楽しみにして下さい。!!!


posted by きれじだろう at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイレについて

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。