【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2007年01月11日

お尻にやさしい食べ物と水分が大事!

<スポンサードリンク>

お尻にやさしい食物を、ただ食べているだけでは効果は薄いようです。

食べ過ぎて太ってしまっては逆効果になりますし、栄養が偏ってしまっても困ります。規則正しい食事時間に適量の食物が大事なところです。

便通を良くする食物繊維の豊富な食べ物は、そのほとんどが低カロリーなのでたっぷりと食べても問題はありません。

しかし、食べた後はしっかりと身体を動かして、たっぷりと水分を補給しておくことが重要です。

運動と水分によって腸の動きが活発になって便通はよくなり、お尻に負担もかなり楽になってきます。

水分の効果的な取り方ですが、アルコール類やカフェインの多く含んだコーヒー、お茶類をたくさん飲むよりは、ミネラルウォーターやノンカフェインの水分をとった方が良いようです。

アルコールやカフェインには利尿作用があるので、腎臓がたくさん尿をつくって対外へ排出されてしまうので、体内はかえって水分が少ない状態になってしまいます。

体内が水分不足になると、便の水分を奪ってしまい便が硬くなってしまい、排せつ時に大変なことになりやすいのです。

とくに便秘症の人は問題が起こりますので、便秘症の人は、麦茶やノンカフェインのお茶がむいています。

アルコール類も問題ありで、深酒した翌朝には便に潤いがなく排便困難になることもあります。

また冷たい水分やアルコールの飲み過ぎは、下痢を引き起こしてしまうので肛門には大きな負担になります。
下痢は痔瘻の発症に関わりがあるので、慢性の下痢の人は、便秘じゃないからと安心してはいられません。

食物繊維と水分摂取は、いいお尻の環境を保つのに非常に重要ですので、うまく付き合っていくことが大事ですね。



posted by きれじだろう at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 痔の人の食事について

2007年01月08日

痔にやさしい食べ物とは! その2

<スポンサードリンク>

痔にやさしい食べ物にはどんな物があるでしょう!

血液をサラサラにして、血行を改善してくれる食べ物

1.さんま、いわし、さばなどの青魚類

青魚には不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)
DHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富です。
これらの成分は血液をサラサラにして、抗血栓作用(血管を詰まらせてしまう血栓ができるのを防ぐ作用)があり、動脈硬化の予防に優れている食べ物です。
いわしには特別に鉄分が豊富に含まれていて、血液凝固を抑制する効果が高いようです。

2.アナゴ

アナゴも不飽和脂肪酸が豊富で、血液をサラサラにしてくれます。

3.鶏のもも肉

肉類のなかでは消化がよくて、不飽和脂肪酸の割り合いが多いといわれています。


血行促進、保温効果のある食べ物

1.白ねぎ

匂いの成分に薬効があって、消炎、血行促進に良いようです。

2.しょうが

ジンゲロン、ショウガオールなどの成分を含んでいて消炎、発汗促進、血行促進、保湿などの効果があります。


その他お尻にいい薬効がある食べ物

1.松の実
2.しそ
3.なす
4.さざえ、ほたてなどの貝類
5.ごま
6.くちなし
7.ごぼう



などなど、お尻に良さそうな食べ物がたくさんあります。
ぜひ、試してみて下さい。
すぐには効果はあらわれるとは思えませんが、継続が大事です。
posted by きれじだろう at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の人の食事について

2006年12月27日

痔にやさしい食べ物は!

<スポンサードリンク>

痔にやさしい食べ物とはどんな物があるでしょう!

まず便通をよくしてくれる食べ物をまとめてみました。

1.そば
そばは、とても豊富に食物繊維を含んでいます。
胃腸の働きを整えて、便通を促進してくれます。
それにプラスして、血圧降下や止血、消炎などの作用があります。

2.さつまいも
でんぷんを多く含んでいて、ビタミンCや食物繊維が豊富です。
便の硬さをちょうどいい感じに調整してくれ、腸の動きを促進します。
さらに便の量を増やしてお通じを良くしてくれます。

3.とうもろこし
便通を良くする食物繊維と糖質が豊富で、ビタミンB1、B2、E,ミネラルを含んでいます。

4.葛(くず)
くずは良質のでんぷんを含んだ食品で、葛湯は体調の悪い時にはとてもいい食品です。くずに含まれるダイジン、ダイゼン、プエラリンなどが腸の緊張を緩和して正常な働きを助けてくれます。

5.枝豆類
食物繊維とβカロチンが豊富で排便を良くしてくれます。
大腸がんの予防にも良いということです。
豆類は良質のタンパク質で消化が良く、血中コレステロール値を下げてくれるタイプの脂質を含んでいるので健康にとてもいい食品です。

6.ひじき、昆布
ビタミンB1、ビタミンD、食物繊維が多く含まれています。

7.イチジク
お尻にやさしい食べ物の元祖的存在で、食物繊維のペクチンを多く含んでいるため、やさしく腸の動きを促してくれて便通が良くなります。

8.りんご
オリゴ糖と食物繊維が豊富で排便を促してくれます。
離乳をはじめたばかりの赤ちゃんが便秘をしたときなど、りんごをすりおろしてあげるといい効果があります。

9.ぶどう
ぶどうには食物繊維が多く、便秘を防いでくれ、肥満にも効果があります。
干しぶどうは皮ごと食べることができるので、さらに食物繊維が豊富で効果的です。


日頃から食べている食品が多いので、無理なく食べていけそうです。
干しぶどうはおやつ的に食べれば効果がありそうですね。
これから注目して食べていこうと思いました。
posted by きれじだろう at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の人の食事について

2006年12月24日

乳製品も痔にはいい!!

<スポンサードリンク>

食物繊維の他にも、便通を良くしてくれる食べ物があります。
腸内の内部環境を整えてくれる乳酸菌や乳糖などがたくさん含まれる食品です。


人間の腸などの消化管には腸内細菌とよばれる微生物がびっしりと定着しています。

この腸内細菌は、人間がとりこんだ食べ物や腸管内の分泌液、腸壁を覆う粘液などを栄養源として生育しています。

腸内細菌には、人間の健康に役立つ善玉菌と、逆に健康を阻害する悪玉菌に分かれていて、善玉菌がたくさん棲んでいる腸ほど蠕動運動(ぜんどう)も盛んで、消化吸収が盛んに行われ、いい便が作られて排せつされています。

よくビフィズス菌や乳酸菌という菌の名前を聞きますが、これがまさに腸内細菌の一種で、これらは善玉菌といわれ、腸の働きを助けて便をほどよい硬さに調整してくれたり、便通を良くしてくれます。

このような善玉菌を増やして腸内を調整するには、乳酸菌飲料や乳酸発酵食品などをとっていかなくてはなりません。

またオリゴ糖や乳糖などの糖類も腸の働きを活発にする効果があります。
この糖を栄養素として腸内の善玉菌が元気になってくれるんです。

牛乳などの乳製品には乳糖が豊富ですし、ヨーグルトは乳酸発酵食品なので腸内の調整にはもってこいの食品です。

りんごには食物繊維も豊富に含まれていますが、オリゴ糖もたくさん含まれていてとても痔にはいい果物といえます。

たまねぎにもオリゴ糖は豊富に含まれています。

posted by きれじだろう at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の人の食事について

2006年12月16日

食物繊維の多い食品!

<スポンサードリンク>

食物繊維の多く含む食品は野菜類海藻類です。

野菜では、ごぼう、カボチャ、いも類、とうもろこし、たけのこ、セロリ、さやいんげん、きのこ類、豆類。

海藻では、ひじき、わかめ、昆布など。

その他として、ライ麦パン、そば、りんご、みかん、プルーン、おから!
イモ類の加工品であるこんにゃくにはとても豊富に入っているので大変お薦めです。

食物繊維の豊富な食品は、低カロリーの食品が多くヘルシーこのうえない物ばかりです。

しかし、こんにゃくやたけのこ、しいたけ、里芋、ひじきやおから、昆布のつくだ煮、わかめの味噌汁などは毎日食べようと思ってもなかなかむずかしいと思います。
和食のメニューばかりですから、外食でファミリーレストランやファーストフードが多くなった日本人には貴重なメニューになっていますね。

食べ物からとるのがむずかしい場合は、健康食品やサプリメントとしてとるなど、無理にでも食物繊維をとらなければなりません。

特別なお薦めは、イチジク!!!!!

イチジクを食べると、自然に腸の運動が活発になって便通が良くなります。
効用としては、消化促進、血行促進、保温、鎮痛効果などです。
また糖や食物繊維も豊富です。

にはとても効果抜群の食べ物です。

これは調べてみて、はじめて知りました。
日頃食べていないので、今度食べて人体実験をしてみたいと思います。


posted by きれじだろう at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の人の食事について

2006年12月14日

食物繊維は快便の元!

<スポンサードリンク>

食物繊維は野菜や海藻などにたくさん含まれています。

文字どおりの食物の繊維の事なのですが、実は食べ物の”かす”でもあるんですね。
しかし、この食べ物の”かす”は不要な物ではなく、なくてはならない重要な”かす”なんです。

食物繊維はいくらよく噛んでもお腹のなかでは完全には消化されません。
そのまま便になって出ていくことになります。
だから”かす”と呼ばれるんですが、その時に腸の中をすり抜けて掃除しながら、身体に不要な老廃物といっしょになって運び出してくれているのです。

胃や腸で完全に消化されない食物繊維は、ごそごそと腸の中を進み、余分な老廃物をからめとりながら腸をきれいにして、便の量を増やしてくれるすぐれものなんですね。

この老廃物を排出してくれるのは、がん化する危険があるものをきれいにしてくれる訳ですからとっても重要です。

だから、便通のいい人は便通の悪い人に比べて、大腸がん
の発生率が低くなっているのです。

もうひとつ大事な役割があって、腸の中をごそごそと進むので、腸を刺激してくれて蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にもしてくれます。

これは消化吸収が進んで、便を出口に向かってどんどん進めてくれるのです。このときたっぷりと水分補給があれば便はよりいっそう腸の中をなめらかに進んでくれて、量もますます増加して出口である肛門からスルスルと出ていってくれる様になるんです。

このように食物繊維は快便の元になる大事な”かす”なんですね。
posted by きれじだろう at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の人の食事について

2006年07月15日

切れ痔でお尻のいたい時の食事 その3

<スポンサードリンク>

切れ痔でお尻がいたい時はいったい何を食べればいいのか!

結論は繊維質の多い食事と大量の水分という事になります。
ひどくなっていない人の場合はこれで対処できると思います。

では繊維質はどうやって取るかですが、なんでもいいから食べる事しかありません。繊維質が多く含まれる食べ物を毎食多めに食べてみることです。

野菜にはたくさん含まれていますから、サラダを取る事。

椎茸などのきのこ類もいいですね。

果物も野菜と同じくらい含まれています。

意外にたくさんの繊維質が含まれているのが、海草類。
海草類はひじきや昆布、のりなど繊維質は非常に多く含まれています。

かんてんも超たくさん含まれているので重要な食品です。

実際には食べてみて比較してみないと個人差がありますので量の事はわかりませんが、たくさん食べれない方は薬局で売っている植物繊維の粉末などを溶かして飲むのがてっとりばやいですね。

わたしは苦しんでいたときは、”リズムラン”という粉末を水に溶かして飲んでいました。

とにかくたくさん食べると、うんちゃんの出る量もたくさんになってくれて
軟らかくなれば気持ちよく排便できますので楽になります。

痛かったのが軟らかくなってくれたとたんに、痛さが消えてくれますので魔法のような感じがしますよ。

切れ痔にはたくさんの繊維質の食事と大量のお水で治しましょう。
posted by きれじだろう at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の人の食事について

2006年07月13日

切れ痔でお尻のいたい時の食事 その2

<スポンサードリンク>

切れ痔のひどい時はトイレにいくのが苦痛になります。

排便の時や出た後の痛みに耐えなければならないと思うと、いきたくなくなるのは当然です。

しかしトイレにいきたくないから、我慢していく回数を減らしたり、食べる物を少なくしたりする事は大きな間違いです。

出たいのを我慢するとどうなるか!

直腸まで下がってきたうんちゃんが出たいのに出さない訳ですから、うんちゃんの交通渋滞が起きてしまいます。

渋滞したうんちゃんは直腸で溜まり、水分をどんどん吸収されて、ますます硬くなっていきます。

これを出す事は切れ痔の人にとっては、大変な苦痛を伴う事になります。我慢してもしなくても痛みは伴いますから、まだ軽い痛みのうちにどんどん出してしまった方がいいとうわけですね。

食べるのを少なくしてうんちゃんの量を減らそうという作戦も効果はありません。
食べないでは生きていけないのですから少しにしてもある程度は食べますね。その少ない量のうんちゃんでも、硬ければ切れ痔の人のお尻は当然切れてしまいます。

お尻のいたい時はもちろん、普段から水をたらふく飲んで水分吸収を十分にして、食事は繊維質の物をたくさん食べて水分をうんちゃんに含ませる様にしましょう。

とにかく食べる物はしっかり食べて、水分をたくさんとるのを忘れない様にしてくださいね。

牛乳はうんちゃんには大変効果的な飲み物です。
切れ痔の人は毎日牛乳をガブガブ飲むのもいい事です。
うんちゃんを軟らかくしてくれますよ。

posted by きれじだろう at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の人の食事について

2006年07月12日

切れ痔でお尻のいたい時の食事は!

<スポンサードリンク>

切れ痔でお尻のいたい時の食事はどのような物がいいのでしょうか?

まず便のしくみから考えていくと、消化のいい物が良さそうに思えますがこれは大きな間違いです。

風邪や寝込んでいる時にはもちろん消化のいい物を採り、胃の負担をできるだけやさしくしなければなりませんが、切れ痔で苦しんでいる時は逆効果になってしまいます。

うどんやお粥のような流動食は消化が非常にいいので、残りカスが少なく便は硬くなってしまいます。余分な物が含まれていないのでよけいに悪いですね。

お餅も消化に関しては非常にいいため切れ痔の人には進められる食品ではなくなります。
お正月のお雑煮を食べている時は要注意ですね。

食べ物の残りカスはうんちゃんの味方になってくれるので、消化の悪い物は積極的にとるのがいい事になります。

野菜の繊維質は消化されにくいので切れ痔の人にはベストな食品となります。

繊維質は消化が悪く残りカスになりやすいし、水分をたくさん吸収してくれるので便の量も増えてくれて、軟らかくなってくれる魔法のお薬です。

野菜類、いも類、豆類、果物、海草などすべて繊維質の多い食品です。

切れ痔の時にはこれらの物をなんでもいいからどんどん食べて、お水もたくさん飲んで便の硬さをできるだけ軟らかくしていく事です。特別な食事は必要ありません。

切れ痔の時には、食べ物を減らしたり、やめたりするのが一番よくない事になりますので、気を付けて下さいね。





posted by きれじだろう at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の人の食事について

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。