【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2006年08月14日

痔は合併してしまうと複雑になる!

<スポンサードリンク>

は一つの症状でも辛いものですが、お尻の具合が悪くなって我慢を重ねていると、いくつかのが同時に進行するようになる事が多いようです。

たとえば肛門潰瘍(こうもんかいよう)のみ、脱肛のみではなく、一種類に限らないで、潰瘍と脱肛が合併してみたり、内痔核と痔瘻がかさなったり、内痔核+痔瘻+脱肛など全ての症状がそろっていることも、まれではないようです。

このような場合は非常に複雑になってきます。
の病気は同じであっても、進行過程が進むに連れて症状がどんどん変化していきます。

肛門裂創肛門潰瘍に進めば症状は違ってきますし、痔核は第一期、第二期、第三期と進んで脱肛までいけばだいぶ症状は大きく変化していきます。
痔核が何個も出来ていればなおさら大変なことになります。

痔瘻(じろう)が急に悪化して活動期に入り、肛門周囲膿症を合併すれば痛くなりますが、うみのでた後は休止期に入ってしまえば痛みはなくなってきます。

病気によって、時期によって、だいぶ様子が違ってくるのですが、それらが合併してさらに共存するんですから、複雑怪奇な状態になってきます。

治療方法も単一では対処できなくなり、複雑な治療法となってきます。

お尻の病気はこのように長く患っていると、単独の症状ではなく複数がからみ合う病気に進行していくため、より治りにくくなってきます。

を複数の症状がからみ合う難しい病気にする前に、単独のうちに専門医にかかっていれば軽くすみます。

薬局で痔の薬を買っても治るものではないので、恥ずかしがらずに専門医へまずいってみることです。



posted by きれじだろう at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 痔のいろいろな症状は!

2006年08月13日

便が細くなってしまったら!

<スポンサードリンク>

うんちゃんがやけに細くなって出てくる事があります。

肛門潰瘍などで悪化してお尻が拡がらなくなっている場合を除いては、直腸に病気が隠れている場合があります。

直腸がんや潰瘍性結腸炎、結腸ポリポージスなどが考えられますが、
これらの病気によって直腸や肛門を狭くなっていると、便が太いままでは通過できずに細くなってしまいます。

病気が原因で直腸が途中でくびれてしまった場合は、直腸がひょうたんのような形になって、便の通りが悪くなってお腹が張ってしまう事もあります。

このような症状は、便が細くなるだけではなく何か別の症状が出ている事があるはずですので、放置する事は大変危険なこととなります。

はやめの専門医の診断が必要です。
posted by きれじだろう at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔のいろいろな症状は!

便に血が混じったりしていたら!

<スポンサードリンク>

うんちゃんに血がついてきたり、まじっていたり、粘液に混じっていたりした時は要注意です。

血の色はいろいろで、鮮血の時もあり、またどす黒い事もあります。

こんな時には、いろんな症状が考えられます。

直腸がんや直腸ポリープ、出血性直腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病などいろいろです。

内痔核からの出血でも同じような症状がが表れてくるので、間違えやすいですね。

しかし出血していると言う事は、何かが起こっている事なので、内痔核からの出血ならですみますが、
手後れになると命の危険な癌などの病気の場合があるやも知れませんので、実際に血が混じっているのが続いたりした時は、専門医の診断が必要になるでしょう。
posted by きれじだろう at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔のいろいろな症状は!

2006年08月12日

排便の後、まだうんちゃんが出たいような感じがあるときは!

<スポンサードリンク>

排便が終わったのに、いつまでも、まだしたいような感じがする場合があります。

うんちゃんはほとんど出てしまっているのですが、いつまでも出たりないような感じがする、何か残っているような感じがする、また肛門の中に何かあって挟まっているような感じがする、こんな場合です。

そんな時は、だいたい内痔核直腸ポリープ肛門ポリープなどが考えられます。

すべて肛門からなにか飛び出てくるような病気です。

このようなうんちゃんが出たいような感じがする場合は、ほんとうにうんちゃんがあるわけではありません。

うんちゃんが出たいと感じる部分を内痔核などで刺激されているために、感じてしまうのです。
まだ出るのかと思ってトイレに坐ってうんうん唸っていきんでも、もちろん出てくることはありません。

”いきみ”はの病気の大敵で、ますますを悪化させてしまうだけですので、この出たいような感じに惑わされて、なが〜いトイレにならない様に注意してくださいね。
posted by きれじだろう at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔のいろいろな症状は!

2006年07月24日

お尻から何かが出てくる時は、その2

<スポンサードリンク>

お尻からイボのような物が出てくるイボ痔が進行すると次に考えられるのが、そのイボのようなやつが何個もできてしまいます。

排便の度に飛び出してくるイボ痔が大きくなってきて、ついには、肛門全部がひっくり返ったような感じで外に出てしまった症状に発展してしまいます。

これは脱肛という症状です。

肛門がめくれてしまっているという感じで花のような感じの形になって見えます。

あまり痛みもないので、最初はびっくりしてしまいますが慣れると元へ戻れば忘れてしまい、ほったらかしの状態で治療もしない人が大部分でしょう。

何年もかけて出血やらイボ痔の状態をほったらかしていると、最後には肛門がひっくりかえったままの状態が戻らなくなってしまう重症になっていきます。

イボ痔が悪くなって外へ飛び出し、何個もできてしまい、それが飛び出す事によってイボ痔でない部分も一緒に飛び出してしまい肛門全部が裏返しの状態、

こんな状態でもさほど痛みとかはないようなのがびっくりですが、これに痛みがともなったらいやでも病院へ直行ということになります。
ひどい痛みで、我慢できるよな痛みではなくなるという事ですね。

こうなってはもう手後れですので、仕事がうんぬんとかいってる場合ではありません。即入院して手術で治すしか方法はありません。

こうなる前のイボ痔の段階で治しておきたいですね。
身に覚えのある方は今一度考えてくださいね。
posted by きれじだろう at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 痔のいろいろな症状は!

2006年07月17日

お尻から何かが出てくる時は!

<スポンサードリンク>

排便が終わった時に何かが出てくる事があります。

イボのようなもの。
これが出たり入ったりするんですね。

これは通称イボ痔と呼ばれる症状ですね。
の病気の中ではもっとも多いです。


痛みはないのでほっておきがちですが、
排便後でもまだしたいような気になったり、
何か肛門に挟まっているような感じがしてしょううがないので
しだいにトイレの時間が長くなってきてしまいます。

最初は肛門の奥に痔核というやつができてしまいます。細かな静脈がうっ血をおこして、それを繰り返す内に大きく膨らんできてこぶのようになったものです。

そこから出血したり、しなかったり症状によってかわってきます。

それが進行してくると、肛門から顔を出す様になり、飛び出してきます。

最初は飛び出してもイキんだりするのが終われば元に戻ってくれます。
次の段階は指で押し込まないと戻らなくなって、さらに進んでしまうとトイレにいかなくてもしゃがんでも出たり、お尻に力が加わっただけでも出てしまう様になります。

このイボ痔何個もできてくると最後には脱肛という恐ろしい事になてしまいます。

イボ痔というのはほっておくと恐いなんです。何年も我慢していたらお尻からでたままになって、ぶら下げていなくてはなりません。

痛くないのでほっておきがちですが、
なんの病気でもそうですが早めの治療が大事です。
ひどくなる前に、自然とイボが戻ってくれるうちに、の専門医に診断してもらってくださいね。


posted by きれじだろう at 06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔のいろいろな症状は!

2006年07月16日

出血がある時は!

<スポンサードリンク>

排便後に血が出る事があると思います。
切れ痔の時も血がでてきますが、
痛みがないのに
1.血がでている、
2.ペーパーに血が付いている、
3.ポタポタと血が出てしまっているなどの症状のときは
内痔核からの出血が多いようです。

初期のうちは毎日でたりでなかったりがあると思いますが
血もたくさん出ませんし、痛みがないのでほとんどの人はほっておいてしまいがちです。

ですが軽い出血でも血が出ている事にはかわりありませんし、毎日続けば貧血になるやもしれませんので、医者にいく必要があるでしょう。

この時期なら、内痔核ならば切らずに簡単に治ってくれるようです。

もしかして直腸がんなどでも似たような症状が出る場合もあるので検査してもらういいチャンスだと思います。

怖がらないでぜひ専門医に診察を受けて下さい。

posted by きれじだろう at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔のいろいろな症状は!

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。