【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2006年08月16日

肛門科診察初体験の頃!

<スポンサードリンク>

の専門医の診察はどうなのか?

最初にいったのは、外科と肛門科とまだ他にもやっていた入院施設もある小程度の病院でした。

結構混んでいていろんな患者さんがいて30分程待たされました。

待合い室から呼ばれると、まず診察室のカーテンの前の椅子に坐って、他の診察の方達と5〜6人で待機します。

その間、カーテンの中の先生と患者さんの様子が全て聞こえてきちゃいます。カーテン1枚のため何をやっているか手に取る様にわかります。

痔の患者はわたし一人という状況でした。
やはりとても恥かしかったのを覚えていますが、痛いので我慢我満。

診察はベットに横になってパンツを下げるスタイルで、横向きになった状態でお尻の中へ指を入れられます。

この段階で強烈な痛みがあり、うめいてしまいました。
先生もびっくりしていましたが、私の方は必死ですし、カーテンの外にも聞こえてしまいますので、恥ずかしくてたまりません。

診察は触診のみ、それで終了!
診断は切れ痔になっていて、それがくっ付いてくれれば普通に戻るということでした。薬はプリザSのような座薬で毎日使う分がでました。

初めての肛門科診察体験でしたので、薬を使っていけば治ってくれる。
診察ってこういうものなんだと思い込みました。

これで治ってくれるならまったく問題はありませんし、こんなブログも書いていることはなかったでしょう。

座薬で治るんならとっくに治っています。
軟こうでも座薬でもだめで診察にいったのですが、3分の診察で終わってしまいました。

勇気を出して医者にいったにも関わらず、痛みから解放されたわけでもなくこれからどうしたら良くなっていくのかもわからずでままです。

痛みは相変わらず激しく痛んだり小康状態になったりの繰り返しで、この病院に通院してもダメだ!という結論だけは出ていました。

2〜3回程薬をもらいに通院しましたが、治るという状態にはほど遠い状態で悪化していくのが自分でもわかりました。

これが私のの診察の初体験です。





posted by きれじだろう at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の専門医について

2006年08月15日

痔になっても医者にはいきたくない!

<スポンサードリンク>

になっても医者にはいきたくない!

歯が痛くなってもなかなか歯医者にいかない人がいます。
しかしほっておくと虫歯がどんどん進行して穴が大きくなっていきます。
それにつれて痛みもどんどん強くなって我慢できなくなります。
鎮痛剤を飲んでも我慢できなくなれば、医者にいかざるおえません。

の場合も歯医者と同じパターンになります。

しかし歯医者の場合はどんな治療がされるのかはだいたいわかっているので
覚悟さえ決まれば医者にはいくことが出来ます。

の場合はここがネックとなっています。
どんな治療をされるのかわからないために、いったら手術されてしまうかもっていう不安と恐怖。
それにお尻の穴を見せなければならないはずかしさ!
こんな人がほとんどではないでしょうか。

私は典型的なこのパターンでした。
医者にいったら絶対手術されると確信していました。
切れ痔なのは自覚していましたのが、我慢に我慢を重ねて痛みに耐え続けていたんです。
どうにも動けなくなるまで悪化してしまい、ついに手術で治してもらう覚悟を決めて専門医を訪ねました。

車の運転はもちろんできる状態ではなく、歩くのもやっとの状態でした。
ここまでならないと医者にいくという勇気は出ませんでした。

そんな状態だったのですが、診察の結果、手術しない方向で治していきましょう、という診断をしていただきました。

ほんとにホッとしたのを覚えています。
自己診断はあてになりません。

k切れ痔で苦しんでいる方は、案外手術しないで済むかも知れません。ぜひ専門医にいってみて下さい。
私のようにホッと出来るかもしれませんよ。


posted by きれじだろう at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔の専門医について

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。