【切れ痔の治し方と痔にならないための方法】へようこそ!このブログの管理人、"きれじだろう"と申します。
切れ痔を患ってから、はや十何年かが経過しておりますが、痔の専門医の先生のおかげで日常生活にはまったく問題なく、痛みのない日々をおくっております。切れ痔で苦労した体験から、何か皆様のお役にたてるような情報をお伝えしていければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2008年04月20日

昔からある痔の治療法は効くのか 4 温泉

<スポンサードリンク>

温泉療法が痔にいいのかどうか?

温泉につかることは座浴と同じで清潔にして血行をよくするという面では同じ効果があると思います。

それ以外に温泉に含まれる天然成分が、痔に効き目があると思われます。なんらかの効用があるはずなのですが、痔に効く温泉という話はあまり聞いたことがありませんね。

調べてみると、<硫黄泉>は殺菌効果があっていいそうです。<重曹泉>は皮膚や粘膜の汚れを清浄してくれる温泉ということで、血行がよくなって消毒効果もあるので効きそうな感じですね。重曹泉ということはたくさんの温泉が重曹泉ですので、痔に効く温泉はたくさん存在しているということになります。

痔に効く温泉で調べるとこんなにたくさんの温泉がありました。

数え切れないくらいの温泉がありますのでびっくりです。

痔に効く温泉

<尻焼温泉>という変な名前の温泉がありました。

川底から湧いている無料の露天風呂で、川の一部をプールのようにしていて水着をつけて入る混浴なのだそうです。

着替えるところはないそうなので要注意ですね。

尻焼温泉

山形県の瀬見温泉には、共同浴場に<ふかし湯>という温泉があります。

木の床に丸い穴が空いていて湯気が出ている。そこに患部をあてるという温泉でサウナのように体を温めてくれるようです。温度はサウナのような熱さではなく、心から暖まる穏やかな暖かさということです。

痔の病気の人は、この丸い穴に手ぬぐいをあてて、その上からお尻をのせてお尻を暖めるといいそうです。

痔以外にも女性の冷え性の解消や神経痛などにも良いそうです。

瀬見温泉 ふかし湯

これは痔専門といっていいほどの温泉ですね。
手すりがついていますから座ってお尻を蒸すような感じでしょうか。とにかくユニークで試してみたい温泉です。



昔からある痔の治療法は効くのか 3 薬草

<スポンサードリンク>

イチジクの他にも薬草が用いられています。

スイカズラやシソは漢方薬としてはおなじみの草です。
もぐさはお灸に使われています。
これらの薬草を乾燥させ煎じて座浴の時に使ったそうです。

桃の葉どくだみも皮膚の炎症を抑える消炎効果や細菌の繁殖を抑えてくれるので座浴に使われました。

これらの薬草を使った座浴や入浴で肛門周囲を洗って清潔にしたり、患部を温めて血行をよくしたりして症状を改善していたんでしょう。

まだまだ昔の治療法があります。

ナメクジをゴマ油に漬け込んだ塗り薬や長ネギがイボ痔に効果があるというものです。

イボ痔で肛門から飛び出してしまったときに塗って押し戻したり、硬い便を押し出す際に塗ってすべりをよくしたりしたようです。

しかし、根本的な解決方法にはなりえませんので、座浴を毎日したからといって痔が治るわけではありません。

一時的な症状を緩和してくれるに過ぎない治療法です。

専門医のいなかった昔の人は苦労をしたことと思います。重症の人たちはいったいどうやって治療していたんでしょうか。考えただけでも痛そうです。

今の時代に生まれてこれて、幸せだったと思わないではいられません。


2008年04月19日

昔からある痔の治療法は効くのか 2 座浴

<スポンサードリンク>

昔からの症状を緩和してくれる方法

座浴

洗面器などの容器にお湯を入れてお尻をつけることです。

痔の具合が悪いときには暖かいお風呂でゆっくりするのは気持ちのいいものです。しかし、トイレの時に毎回うまくお風呂へ入れるものでもありません。

洗面器ならトイレのたびに準備することができ手軽に続けることができますね。

効果としては、暖かいお湯によって肛門の周囲が温まって痔の痛みが和らいでくれ、お尻も清潔にすることができます。

排便時にいきんでしまうために肛門周囲のうっ血が起こりますが、お湯で温められることによってうっ血がおさまり、緊張してしまった肛門括約筋も緩んでくれるからです。

ただし、座浴の後はよく拭いて乾燥させることが大事です。そしてお湯と洗面器は清潔にしましょう。細菌感染でもしたらたいへんですから。

江戸時代には、イチジクの葉っぱを煎じたお湯で洗っていたようです。イチジクには血行促進と鎮痛の効果があるため効果もあったことでしょう。

2008年04月18日

昔からある痔の治療法は効くのか 1

<スポンサードリンク>

昔からある痔の治療法は効くのか 1

<お尻の悩み>とくにに関しては、たとえ具合が悪くなってもほとんどの方は病院にはいかないでしょう。

まして軽い症状のうちは必ずといっていいほど、病院にはいかず自分でなんとかしようとするものです。

ボラギノールやプリザSの軟膏や挿入するタイプを使っていると思います。

よほどの重症でない限り、絶対といっていいほど医者にはかからないと思います。これは私もまったく同じで、なんとか自分で治そうと苦労しました。私の場合は動けなくなるまでがんばりましたがちっ(怒った顔)

薬以外にも古くから伝わる民間療法(緩和方法)というものもあります。

このカテゴリーでは、そんな昔からの知恵や東洋医学的な治療法、ホリスティック医学的なものなどをご紹介したいと思います。

実際に効きそうな感じがするものから、効果がなさそうなものまで様々の方法がありますので、その方法の効果や長所や短所などを詳しく見て生きたいと思います。

痔の治し方は排便管理が一番重要なんですね。いかに軟らかい便を毎日するかにかかっています。 痔の手術をして治っても排便管理に失敗すれば簡単に再発してしまうのです。マグネシウム製剤の薬で排便のコントロールをして切れ痔やイボ痔から解放されるようにがんばりましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。